5つの力

【使う力】人生を豊かにするツール。タイムバケットの作り方を3つのステップで紹介

くろしば

タイムバケットって一体なんなの?

あまり聞きなれない言葉かも知れませんが、タイムバケットは人生を豊かにするための必須ツールです。

知らないと損をするので一緒にタイムバケットの勉強をしていきましょう。

タイムバケットとは人生を豊かにするツール

タイムバケットという言葉を聞いたことがないよという方も多いと思います。

タイムバケットとは
  • やりたいことがみつからない
  • 行動しないといけないと分かっているが動けない
  • モチベーションの維持が出来ない

このような悩みを持つ方の手助けになる便利なツールです。

魔法の道具でもなんでもなく、誰でも今すぐに使えるようになる便利道具です。

おかしば

紙とペンさえあれば使えるようになるよ

私もリベ大のYouTubeで初めて聞いて興味を持ちました。

時間がある方はこちらの動画をみておくと理解が深まります。

タイムバケットは簡単に言うと

  • 死ぬまでにやりたいことのリストを作成し
  • 5~10年ごとのバケツにやりたいことを入れていくだけ

ここから具体的に話していきます。

タイムバケットを知るには2つの背景を押さえる必要がある

背景1

『死ぬまでに人生でやりたい100のことリスト』を英語でBucket List(バケットリスト)と呼びます。

このバケットリストを題材にした映画がいくつも作られました。その中でも火付け役となったのが2007年のアメリカ映画『最高の人生の見つけ方』です。

主演 ジャック・ニコルソン

   モーガン・フリーマン

引用余命6ヶ月を宣告された二人の男が、死ぬ前にやり残したことを実現するために二人で冒険に出るハートフル・ストーリー。

2019年には吉永小百合、天海祐希主演で日本版にリメイクされ再び注目をあびました。

映画、見るなら

この映画をきっかけに『死ぬまでにやりたことリスト=バケットリスト』を意識する方が増えました。

背景2

バケットリストの派生で登場したのがタイムバケット。

「DIE WITH ZERO(ゼロで死ね)」という書籍で紹介されていたことで話題になりました。

私もこのDIE WITH ZERO読んでタイムバケットを作成。

実際に作るうえでの3ステップを紹介

タイムバケットを作るのはたった3ステップ
  1. やりたいことをすきま時間にリストアップ
  2. リストアップしたやりたいことを年代別のバケツにいれていく
  3. バケットリストを実現可能にするアクションプランを作成する

やりたいことをすきま時間にリストアップ

まずはやりたいことをどんどん書き込んでください。

メモ帳に殴り書きにしてもいいですし、スマホのメモ帳アプリに入れていっても構いません。

  • 数は気にせず書いていく
  • お金の制約は考えず書く
  • 実現可能かどうか考えるのは後回し
私のやりたいことリスト
  • サイドFIREを達成する
  • リバプールでサッカー観戦
  • ハワイ旅行
  • こどものサッカー練習に付き合う
  • シンガポールのマリーナベイサンズに行きたい
  • 富士山に登る
  • マチュピチュに行きたい
  • 家族三人でディズニーに行きたい
  • 両親を連れて父親の故郷である徳之島に帰る
  • 過去の名作マンガを一気読み
  • 親のライフプランを考える
  • 47都道府県すべてで一泊する
  • 月に一回奥さんと映画館デート
  • 小中学生向けにお金の勉強をしたい
  • こどもと英語の勉強をする
  • 実家の犬を連れて淡路島旅行に行く
  • 獣医向けのコンサルの仕事をしたい
  • たくさんの本を読みたい
  • 家族三人でガンバ大阪を観戦
  • 世界遺産を見て回りたい
  • こどもの将来を全力応援
  • 孫の顔がみたい
  • ペイフォワードを実現したい
  • 両学長に逢いに行く

やりたいことが多すぎてヤバい。

やりたいことリストを完成させたら次のステップへ

リストアップしたやりたいことを年代別のバケツにいれていく

  • 年代はキリよく5年or10年ごとに作成
  • 最後の年齢は自分で設定してok

ほとんど方が若い時のバケツはすぐに埋まって、年を取ってからのバケツは比較的すかすかになると思います。

この段階で時間は有限で若いうちの自由な時間が大切だと実感できると思います。

私のタイムバケット

私は10年毎でタイムバケットを作っていきます。

30代
  • 家族三人でディズニーに行きたい
  • たくさんの本を読みたい
  • 実家の犬を連れて淡路島旅行に行く
  • 親のライフプランを考える
  • こどものサッカー練習に付き合う
  • こどもと英語の勉強をする
  • 両親を連れて父親の故郷である徳之島に帰る
  • 家族三人でガンバ大阪を観戦
  • 47都道府県すべてで一泊する
40代
  • サイドFIREを達成する
  • リバプールでサッカー観戦
  • 両学長に逢いに行く
  • 富士山に登る
  • マチュピチュに行きたい
  • 小中学生向けにお金の勉強をしたい
  • 獣医向けのコンサルの仕事をしたい
  • 47都道府県すべてで一泊する
  • こどもの将来を全力応援
50代
  • ハワイ旅行
  • 月に一回奥さんと映画館デート
  • 世界遺産を見て回りたい
  • 47都道府県すべてで一泊する
  • こどもの将来を全力応援
60代
  • 孫の顔がみたい
  • たくさんの本を読みたい
  • 過去の名作マンガを一気読み
  • 世界遺産を見て回りたい
  • 47都道府県すべてで一泊する
  • こどもの将来を全力応援
70代
  • 孫の顔がみたい
  • たくさんの本を読みたい
  • ペイフォワードの世界を実現したい
80代
  • ペイフォワードの世界を実現したい
おかしば

ほとんどやりたいことは30代と40代に集中している

通常のタイムバケットではこれで終了です。

私の場合は3ステップ目を入れています。

バケットリストを実現可能にするアクションプランを作成

いざバケットリストを作ってみたら今のままでは実現不可能ということに気づきます。

30代の課題

  1. 圧倒的に時間が足りない
  2. 両親がいつまで健康にいてくれるか分からない
  3. 親とお金の話を含めて将来を話し合ったことがないので不安

アクションプラン

①圧倒的に時間が足りない

  • つまらない飲み会は断る
  • テレビはみない
  • 朝5時に起きて時間を作る。
  • 朝活をすることのメリットは大きい

②両親がいつまで健康にいてくれるか分からない

  • まずは今年中に徳之島旅行を計画する。コロナの影響ですごく動きづらいが。
  • 健康診断の手配をする
  • 食生活を改善してもらう

③親とお金の話を含めて将来を話し合ったことがないので不安

  • 親になってみて分かるが子どもが真剣に話をしたいと言ってくれて嫌な親はいない。
  • お金の話を今のうちからしておくことでライフプランは立てやすい
  • 両親の将来の不安をとってあげることができる

40代の課題

圧倒的にお金がない

  1. 圧倒的にお金がない
  2. 小中学生にむけて指導した経験がない
  3. コンサル経験がないので不安

<アクションプラン>

①圧倒的にお金がない

  • 副業で稼ぐ力を増やす
  • 40代まで5つの力を伸ばし続ける
  • 親のライフプランを考えるうえで相続できるお金を把握

5つの力が分からない方はこちらの記事を参考に

【全員必須】誰でも簡単にできる!FIRE達成に必要なことは5つの力を鍛えるだけ 5つの力と聞くとピンときた方もいると思います。 そうです!私が尊敬しているリベ大の両学長の教えである5つの力を鍛えていくことがF...

②小中学生にむけて指導した経験がない

  • まずは息子への指導から始める
  • 上手くいくようなら周囲の友達へと広げていく
  • やっていくうちに上達すれば良いと考える

③コンサル経験がないので不安

  • 不安だからと言って行動に移さなければ何も始まらないので、40歳になったら金額は少なくてもいいから1件やってみる
  • 知り合いの獣医からでも良いのでまずは1件

50代の課題

  1. お金の心配はつきまとう
  2. 奥さんが好きでいてくれるか不安

<アクションプラン>

①お金の心配はつきまとう

  • サイドFIREを達成している予定だが、旅行費が足りなけばその分働くこともあり
  • 子どもは手を離れていっているはずなので夫婦で働けば短期間で用意することも可能

②奥さんが好きでいてくれるか不安

  • 毎日と感謝と好きを伝える
  • 魅力的な男性でいられるよう常に挑戦を続けていく

60代の課題

  1. 健康に不安を覚える年齢
  2. 不確定要素が多い

<アクションプラン>

①健康に不安を覚える年齢

  • 今からの健康づくりが大事
  • 食生活の改善
  • 毎日の運動習慣
  • 定期的な歯の健康診断

②不確定要素が大きい

  • 孫の顔をみることは自分でどうこうすることは出来ないので暖かく見守る。
  • ただ、子どものことは全力で応援する

70代、80代の課題

  1. 先過ぎて想像するのが難しい

<アクションプラン>

①先過ぎて想像するのが難しい

  • タイムバケットのいいところはいつでも変更やアップデートが可能なのであまり気にする必要はない
  • あくまでもいつまでに何をしたいのかを把握するのが大事

タイムバケットを作って得たもの3つ

  • 自分がやりたいことや大切にしているものが明確に
  • やる気やモチベーションの維持につながる
  • 人生は有限だということの再認識

自分がやりたいことや大切にしているものが明確に

私の場合やりたいことをリストを作って気づいたことは、

・高級車や高級が時計が欲しいなどの物欲はなく

・旅行などの体験に重きをおいていることを再確認

また様々な理由でやれないことが出てきます。

これを解決するには今という時間をダラダラ使うのではなく、少ない時間でもいいから時間を確保して頑張るしかないです。

おかしば

ばくぜんと今が不安だと感じている方はまずは行動しよう

私のようにDIE WITH ZEROを読んでからでも良いです。

まずは一歩を踏み出して。

やる気やモチベーションの維持につながる

FIREを目指しているうえで一番の壁になるのがやる気やモチベーションの維持です。

タイムバケットを作ることで

  • 今の頑張りの先にあるやりたいことが可視化できる
  • やりたいことを想像するとワクワクする
  • なぜFIREを目指したのかが明確に

やる気やモチベーションの維持には習慣化も有効です。

こちらの記事も参考に

モチベーションを維持できない方必見。モーニングルーティンで得られるメリット3つ

人生は有限だということの再認識

何となく80歳ぐらいまでは生きるのかなと思っていました。

実際タイムバケットは周りの大切な人のことも考慮して作っていきます。

両親の年齢はもうすでに60歳を過ぎていてこれからどれだけ長生きしてくれるか分かりません。

『親孝行したいときには親なし』ということわざがありますが、まさにその通りかもと焦っています。

くろしば

まずは両親と話すことから始めてみよう

人生は有限だと分かってからは1日1日を大切にしようと思えることができます。

おかしば

タイムバケット作って良かった

まとめ

写真提供 𝑘𝑜𝑢@kogram_

タイムバケットは人生を豊かにする現代の最強ツールです。

FIREを目指す人も目指さない人も誰でも3ステップで簡単に作れます。

タイムバケットを作るのはたった3ステップ
  1. やりたいことをすきま時間にリストアップ
  2. リストアップしたやりたいことを年代別のバケツにいれていく
  3. バケットリストを実現可能にするアクションプランを作成する

早い人であれば1時間もかからず作れます。

くろしば

たった1時間でも得るものはたくさんあるね

タイムバケットを作って得たものは3つ

  • 自分がやりたいことや大切にしているものが明確に
  • やる気やモチベーションの維持につながる
  • 人生は有限だということの再認識

みなさんもタイムバケットを作って一緒に自分のやりたいことを見つめなおしましょう。

おかしば

合言葉は『お金に縛られない自由な生活を』